学校薬剤師が提案する保健室常備医薬品&保健室のセルフメディケーション

監修:加藤 哲太(東京薬科大学教授)、辻 千秋(ちあきこどもクリニック院長) 編集:小平市学校薬剤師会 本書は、学校の保健室常備医薬品について多くの専門家の方々の英知を結集して作成することが出来ました。まさに医師、歯科 […]

中学生向け教材「薬の正しい使い方」

「薬の正しい使い方」中学生用(日本学校保健会)に従い構成しました。
“Q1:薬とはなに” では、薬の歴史を調べながら薬から、薬から受けた恩恵について話し合います。
“Q2:薬は何のためにある” では、健康と自然治癒力と薬の役割について教えます。
“Q3:薬の種類” では、薬の種類・形について調べ、薬に施されている工夫を知り、薬の正しい使い方の理解へ発展させていきます。
“Q4:薬の使い方” では、薬の外箱や説明書を教材として使用します。動画や実験も加え、用法・用量を守ることの大切さを理解させます。
“Q5:薬の副作用” では、副作用の危険性を減らすための方策と、副作用が出たら、すぐに保護者に話すことが大切なことを知らせます。
まとめでは健康な体と心の重要性を確認させます。

小学5・6年生向け教材「薬の正しい使い方」

導入は小学生(3・4年)と同様です。健康と自然治癒力そして薬の役割については繰り返し教えていきます。
薬やその模型さらには使用した経験などから、薬の種類・形について考え、薬にはいろいろな工夫がされており、錠剤をかんだりカプセル剤の中身をだして飲んだりしては工夫がダメになることを気づかせます。

小学3・4年生向け教材「くすりってなあに?」

小学生にも、発達段階に応じた薬に関する正しい知識が必要です。健康な生活を送るための「健康三原則」について学んでいる小学生には、これに関連させて「病気をなおす力」(自然治癒力)や薬について説明するのが良いでしょう。
病気やけがの時に使う薬の種類について考えながら、薬の重要な働きは治癒をサポートすることであることを理解させたいものです。
薬の「のむときのきまり」については、動画、実験により、まずいろいろの「きまり」あることを知ってくれればいいと考えます。
最後にクイズで内容の確認を行います。

13

飛騨総合庁舎において、平成28年度第2回薬物乱用防止指導員研修会が行われた

趣旨・目的 薬物乱用防止に係る普及啓発を行うための知識の習得等を目的とする。 開催日 2016年10月13日 内 容 1)薬物乱用防止推進功労者への知事感謝状贈呈 2)薬物乱用防止に関する講演「小学校・中学校 における […]

11

京都府薬剤師会学校薬剤師部会主催の「平成28年度 第2回学校薬剤師部会研修会が開催

趣旨・目的 学校薬剤師のスキルアップを目的とする。 開催日 2016年9月11日 実施学校名/団体名 (一社)京都府薬剤師会学校薬剤師部会 参加者 薬剤師:200名 内 容 開会あいさつに続き、「薬物乱用防止教室開催の […]

24

岡崎保健所主催、薬物乱用防止教室講師の事前学習会

趣旨・目的 薬物乱用防止指導員などに対して、小・中・高校生への授業の内容や進め方の技術を高める。 開催日 2016年8月24日 内 容 「小学校・中学校・高等学校における薬物乱用防止教育」について、加藤講演 実施学校名 […]

日野市立平山小学校において、薬物乱用防止教室を開催

趣旨・目的 薬物乱用防止教室を開催し、生徒に薬物の危険性とともに、断り方、かけがえのない自己について考える。 開催日 2016年6月10日 実施学校名/団体名 日野市立平山小学校6年生 参加者 生徒:100名 内 容 […]