28

『第6回おくすり教育推進協議会』を開催

2022年11月12日、『第6回おくすり教育推進協議会』を開催しました。 日時:令和4年11月12日(土)午後6時15分~午後8時30分 開催方法及び場所:対面にて開催 小平市中央公民館(2F)ホール 対 象: 学校薬 […]

21

アナフィラキシーガイドラインが改訂

アナフィラキシーによる悲劇をなくそう―アナフィラキシーガイドラインが改訂された。 本ガイドラインはアナフィラキシー患者に対する診断・治療・管理のレベル向上と、患者の生活の質の改善を目的に医師向けに作成されているが、さま […]

09

改善が見られたものは約5割に 課題は次期プランへー健康日本21(第二次)最終評価報告書

 厚生労働省はこのほど、健康日本21(第二次)の最終評価報告書を公表した。  設定されていた53項目の目標のうち、約5割が「目標値に達した」もしくは「現時点で目標値に達していないが、改善傾向にある」を占めた一方、約3割 […]

09

仮想現実で運動する「VRエクササイズ」で運動が楽しくなる 運動嫌いの人も気分を高められる

 仮想現実環境(VR)で運動を行う「VRエクササイズ」により、快感情が誘発されることを、新潟医療福祉大学が明らかにした。  VRエクササイズを取り入れると、活気(元気な気分)と運動好意度(運動に対する前向きな気分)が高 […]

09

【新型コロナ】コロナ感染で1型糖尿病の発症が増加 数年で大幅増加する可能性を指摘

 新型コロナに感染した子供は、1型糖尿病を発症するリスクが大幅に高いことが、13ヵ国の18歳以下の100万人超の患者の電子医療記録を解析した研究で示された。  18歳以下の新型コロナ患者は、1型糖尿病の新規診断が72% […]

12

【子宮頸がん】HPVワクチンは効果が高いことを確認 初交前に接種すると予防効果は78%に上昇 広くアピールする必要が

 新潟大学は、子宮頸がんの前がん病変(細胞診異常)に対して、HPVワクチンがどれくらいの予防効果を示すかを調査した。  2014~2020年に新潟市内で、子宮頸がん検診を受けた20~26歳の女性4,553人を対象に調査 […]

12

【睡眠健診】睡眠を見直し生活リズムを改善 健やかな発育・発達を 「子ども睡眠健診」プロジェクト

 理化学研究所と東京大学は、全国の子供を対象とした「子ども睡眠健診」プロジェクトを開始すると発表した。  この「子ども睡眠健診」プロジェクトでは、児童・生徒(主に小中高生)を対象に、ウェアラブルデバイスを用いて睡眠を測 […]

12

児童・生徒の視力が低下 小学校1年生の4人に1人が視力1.0未満-令和3年度学校保険統計調査(速報値)

 文部科学省はこのほど、令和3年度学校保険統計調査(速報値)を公表した。  小学校1年生の約4人に1人の割合で裸眼視力が1.0に満たないなど視力の低下が明らかになっている。一方、むし歯(う歯)の割合は減少傾向にある。 […]

27

「薬物乱用防止教育 認定講師養成講座」において講師に有用な情報を提供

活動報告者 加藤 哲太 所属:(一社)日本くすり教育研究所 実施日 2022年9月20日 場 所 高崎市総合福祉センター 実施団体名 ライオンズクラブ国際協会333-D地区 講 師 加藤 哲太(日本くすり教育研究所) […]

06

女性は魚を食べると月経痛を軽減できる可能性 魚のDHAとEPAが作用? 週1回以上の魚食で月経痛は減る

 東北大学などは、魚の摂取頻度と「月経困難症(月経痛)」との関連を調べ、産後の女性で魚の摂取頻度が「週1回以上」であると、中等度以上の月経痛が起こるリスクは低くなることをはじめて明らかにした。  魚にはドコサヘキサエン […]